気になる血糖値:食事前の数値が126以上で糖尿病

“「生活習慣病」といわれる糖尿病。ここでは、糖尿病の検査方法や数値、糖尿病の診断を受けた後の注意点やアドバイスについてまとめました。

血糖値はいつ調べるの?
血糖値は食事をとることで変化します。糖分をとると、血糖値が上がるため、砂糖入りのコーヒーを飲むだけでも影響があります。そのため、健康診断では朝食をとる前の数値を調べることが一般的です。

血糖の正常値と糖尿病の数値は?
血糖の正常値はどのくらいか知っていますか?1デシリットルあたり、70~110ミリグラム前後です。糖尿病学会では126以上が糖尿病とされています。

糖尿病の検査方法は?
糖尿病の初期の検査方法には、ブドウ糖を溶かした液体を飲んで数値を測る「糖負荷試験」があります。ブドウ糖をとる前、とった後の30分後、1時間後、2時間後の血糖値とインスリンの値を調べます。(場合により、3時間後もはかります。)
「糖負荷試験」は、糖尿病予備軍やかくれ糖尿病を診断するための検査方法です。糖尿病の診断を受けている人の場合は、ブドウ糖をとることで血糖値が急激に上がるため、この試験を実施するのは危険です。

糖尿病の診断を受けたら?
検査値を把握し、食事の量を自己管理し、生活習慣を改善することを心がけましょう。

ウェブサイト「eヘルシーレシピ」には、生活習慣病に対応した料理レシピがあり、自分独自の献立を組み立てることができます。映像による解説もついていて、料理がはじめての方でもとても簡単!毎日の食事づくりの参考にしてみましょう。

糖尿病の診断を受けて、血糖をはかるときの注意点は?
血糖をはかるのは、食事前の決まった時間にしましょう。数ヶ月に一度は、病院の血糖値測定器ではかりましょう。試薬は古くなったら、精度が落ちます。新しいものを使いましょう。

糖尿病の薬を飲むときの注意点は?
糖尿病の薬を飲むときに、注意しなくてはいけないのが、低血糖症状です。症状がある場合は、血糖をはかり、砂糖や飴などで糖分を補給しましょう。

さらにもっと詳しく知りたい方は…
日本糖尿病学会
http://www.jds.or.jp/

日本医師会 健康の森 病気をチェック「検査データが分かる・糖尿病検査」
https://www.med.or.jp/forest/check/k_menu.html#tonyo

国立循環器病研究センター循環器病情報サービス「治療・療法について食事療法について」