インシュリン、薬について、妊娠と血糖値について

糖尿病の前兆は血糖値が高いところから始まりました。ブドウ糖負荷試験というものがあり、それをしたときに糖尿病予備軍だといわれました。母親が糖尿病なので気を付けないといけなかったのですが、当初仕事によるストレスがすごくて結局食べることがやめれませんでした。それで暴飲暴食を続けていたら、血糖値がかなり高くなってしまい、急きょ総合病院に入院になりました。そこでの入院生活は約2週間です。食事量もカロリー計算されたものが出され、インシュリンの打ち方、食事療法の仕方、運動療法など勉強も兼ねた入院となります。何年かインシュリン治療を続け、数年前フォシーガという新薬が出ました。

その薬は糖を尿から出してしまうというもので、食べても全然太らなくなりました。ただ、やせ薬のようなものなので外国ではそれをやせ薬として使い方を悪いように使うところもあるそうです。ただ、私の場合その薬で5~7キロくらい?せました。体調もなんだか悪くなっているような感じがしてだるさなどもあり、副作用もあるようです。尿から常に糖分がでるため、尿路系の感染を増やしてしまうリスクがあるようです。幸い私は大丈夫でしたが、妊娠がわかった時点で服用をやめました。妊娠すると薬自体が危険になるのでインシュリン治療となります。本当は妊活をする時点でインシュリンに変えるべきです。そしてHba1cが7未満でないとあまりよくないといわれていて私はそのとき7.7もありました。なので急きょまた入院です。そこでも2週間入院でしたが、前回と同じように食事療法、運動療法など同じ話を聞くことになります。

正直同じ話なのでわかっているよ、という気分になりうんざりします。妊娠してみると血糖値はあがるときいていたのですが、私の場合なぜか下がってしまい、低血糖が多発しています。現在では食前、食後を全部血糖値計測し、寝る前も飛び飛びで図るので一日6~7回計測をするよういわれています。食後2時間のときの理想血糖値が妊婦の場合100~120といわれていますが、なかなか2時間では下がり切りません。逆に今はちょっと運動したり、掃除をしたり、買い物をするだけで血糖値が急激に下がってしまい低血糖になってしまい動くのが怖いくらいです。動くのを恐れていては運動不足ですし、妊婦は全く動かないというのもよくないので難しいところです。そのため、先日病院にいったときに分食をすすめられました。分食は食事を分けてすることで、低血糖を防いでくれるそうです。なかなかうまくいかないのですが、妊婦はコントロールが難しいというところだけがよくわかります。