妊娠糖尿病を患って

私は、去年、第一子を身籠り、妊娠したのですが、病院に通院するさなか、妊娠糖尿病になりました。ただ、本当の糖尿病とは違い、妊娠を終えて、出産すれば元に戻ると医師から伝えられ、今現在は糖尿病からは免れました。
2月に第一子を出産し、今2か月が経とうとしています。子供の世話をしながらクラウドワークスを行っている訳ですが、糖尿病に関しましては、遺伝による物が大きかったと私は思っています。
と言うのも、父親が糖尿病を患っていまして、体質的には、結構私は父親に似ているのかなとも思っています。
最初、妊娠するまでは、普通に食事が出来ており、特に食材を気にする事なく、お菓子とかも食べていたのですが、医師から妊娠糖尿病を告げられてからは、食事制限をしなければならず、大好きなお菓子も躊躇しなければいけない状況になってしまいました。ただでさえ妊娠中はストレスが溜まりやすいので、それ以上にお菓子も食べれない。コーラ等の炭酸も我慢しなければならず、大分苦渋を強いられました。

そんな中にあっても、出産すれば、また色んな物が食べられると、それだけを信じて、そして、出産を迎え、その後、病院で検査して貰った結果、血糖値も落ち着き、今は、大好きなお菓子も抑え気味ではありますが食べられるようになり、満足しています。
ですが、医師からは、予防的に食事を行っていかないと、直に本当の糖尿病を発症する恐れがあると告げられ、今もカロリーや塩分・糖分等、色んな栄養素に気を使い、食事をするようになりました。
こういった経験もあって、妊娠前よりは、食事に気を使うようになっています。朝食から昼食・夕食と、1日通しての単位でカロリーをどれくらい摂取しているかとか、大まかに捉え、朝食を食べすぎたら、昼食は控えめにする等、工夫して1日の食事を行っています。ただ、どうしても子育てをしながら、空き時間が出来ると、お菓子に目が行ってしまい、時折、間食をしてしまいます。好きな食べ物を我慢する事自体、結構なストレスが掛かってきますので、我慢し過ぎない程度には食べています。

他に、血圧も妊娠時から高い方ですので、この体質も父親に似ている為、塩分の方にも気を使っています。
厄介な体質ではありますが、食べたい物をもっと食べれるように、子供がもう少し大きくなったら、ウォーキング等も踏まえ、軽い運動を始めようと思っています。それで体質も健康的な身体になり、糖尿病が発症しない程度に落ち着けば、好きな物も食べられ、尚且つ健康的にもなり、ストレスも溜めずに、快適に生活出来ると思いますので、実践していきたいと思います。